100年後の映画館のために

映画館元副支配人による映画と映画館をめぐるインタビューの記録

2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画は人生の応援歌(原一男さん)

記念すべき10回目にお届けするのは、「極私的エロス・恋歌1974」、
「ゆきゆきて、神軍」、「全身小説家」など、ドキュメンタリー映画史に残る
数々の傑作を作ってきた原一男監督です。
5月にジャック&ベティで行われた原監督全作品上映で来館された際にお話を
伺いました。
常に体を張って映画を作ってきた監督だからこそ言える、若い作り手たちへの
厳さと愛情あふれる言葉をお聞きすることができました。

-----------------------------------------

第10回:原一男さん(映画監督)

★昭和と平成の狭間で
Q:これまで監督は数々の話題作・問題作を作り影響を与えてきました。なぜこれ
ほどまでに社会に衝撃を与える力のある作品を作り続けられたのでしょうか。
原:僕らの世代は70年代の全共闘運動に大きな影響を受けていて、根っこの部分
に常に自由に向かって作品を作ろうという意思があります。現実を自由じゃなくさ
せているものの正体をひとつひとつ明きらかにして、それをスローガンを声高に言
うのではなく、その不自由さと戦っている人と出会って、そういう人と向き合い、
双方の力で格闘しながら映画を作っていくというスタイルで僕らは作ってきました。
でも、昭和が終って、時代が変わり、問題意識も変わりました。人間という生き物
は基本的に自分を虐げるものに対して戦っていこうとする指向性を持っていますが、
現代はその虐げている相手、巨大な何かが見えない時代です。これまでは、ある問
題があって、それに対する考え方があり、主人公がその問題に体を張って立ち向か
っていくというストーリーで作品が作れたのですが、いまは抵抗する相手が見えに
くくなっていて、しかも戦うという意識そのものが弱くなっている気がします。
いまの若い人の作品を観ていても、自分自身がまず満たされてなくて、自信が持て
なくて、そんな自分を誰かに救って欲しいという気持ちで作られているものが多く
見受けられます。そうした映画には、観た人がそこからエネルギーがもらえたり、
励まされたりするような力がありません。僕たちは人生の応援歌のつもりで映画を
作ってきましたから、そこが70年代と現在との大きな違いだと感じています。

Q:時代とともに作品のつくり方は変わってきましたか?
原:『全身小説家』まではいま言ったような方法と問題意識で作ってきましたが、
こういう作り方はもうできないんじゃないかと思っています。「ゆきゆきて、神軍」
が完成したのは昭和天皇が亡くなる2年前で、昭和天皇が亡くなってからは昭和
が持っていた戦後のエネルギーが急速に萎んでいきました。奥崎さんや井上さんの
ような破天荒な人はもう存在しないですし、たとえいたとしてもああいう生き方は
時代から浮いてしまい単なるおかしな人になってしまいます。ドキュメンタリーは
時代の影響を敏感に受けますから、もう今までのやり方は難しいと思い、違う作り
方を模索しているんですが、まだ「これだ!」という方法が見つかったという気が
していません。


harakazuo.jpg
シネマ・ジャック&ベティでの舞台挨拶の様子。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ:インタビュー - ジャンル:映画

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

リオ@元副支配人

Author:リオ@元副支配人
こんにちは!
元副支配人です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
インタビュー (20)
はじめに (1)

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。