100年後の映画館のために

映画館元副支配人による映画と映画館をめぐるインタビューの記録

2010-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かが手を抜けば、映画は滅びる(石井裕也さん)

現在、日本で(というよりむしろ世界で)もっとも期待されている
若手監督の一人である、石井裕也監督。
現在、初めての商業映画デビュー作となる『川の底からこんにちは』
全国で絶賛上映中です。さらにはもう1本の新作『君と歩こう』
ほぼ同時ロードショー中ということで、若い監督でこんなにガンガン
映画撮れてる人は、石井監督とほんの数名だけではないでしょうか。
それだけ世の中が石井監督の作品を観たいと思っているということでしょう。
そんな若手のホープ・石井監督に、少しだけお話を伺いました。

-------------------------


第7回:石井裕也さん(映画監督)

tirashikawasoko1.jpeg
『川の底からこんにちは』
シネマ・ジャック&ベティで絶賛上映中!
<5/22(土)~5/28(金)> 16:50~18:50
※『君と歩こう』も近日上映予定



Q:監督には以前、『ガール・スパークス』では大変お世話になり
ました。あのときは満員でしたし、今回の「川の底からこんにちは」
も大盛況ですね。
石井裕也監督:「ガール・スパークス」のときは地道に手売りをしま
したからね。もちろん嬉しかったですが、知り合いに観てもらうため
だけに映画を作ってるわけじゃないんで、そういう意味では不本意
でした。あのときは劇場公開が初めてだったので、どういうものな
のかということすら分からなかったんです。こういう映画だからこ
ういう人に観てもらいたいという自分のイメージと、実際の現実と
の間に大きなギャップがありました。「川の底から~」も、まだ始
まったばかりですが、満足はしていません。

Q:今回の「川の底からこんにちは」は初めての商業映画というこ
とですが、これまでとの違いはありましたか。
石井:違う部分と変わらない部分がありました。これまでは自主映画
という形でやってきましたが、いいものを作ってお客さんに楽しんで
もらいたいという姿勢は変わりません。一方で責任感が増えたのが
自主とは違う部分です。自主の時は、ダメだったらそれでもいいじゃ
ないか、という「滅びの美学」みたいなものがあったんですが、商業
映画ではそういう意識ではできません。守りに入るわけではないんで
すが、むしろこれまでとは違うかたちで攻めていかなければいけない
と思いました。

yuya_ishii.jpg
小林副支配人の席に座る石井監督

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ:インタビュー - ジャンル:映画

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

リオ@元副支配人

Author:リオ@元副支配人
こんにちは!
元副支配人です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
インタビュー (20)
はじめに (1)

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。