100年後の映画館のために

映画館元副支配人による映画と映画館をめぐるインタビューの記録

2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白くなければ客は来ない(山谷哲夫さん)

今回ご登場いただくのは、映画監督でノンフィクション作家でもあ
る山谷哲夫さん。日本映画学校で長年先生もやられていた、ドキュ
メンタリー界の重鎮でもあります。

ぼくにとっては、山谷さんといえばなんといっても「じゃぱゆきさん」。
海外からの出稼ぎ外国人女性たちの人身売買の実態をルポした
ノンフィクションの傑作です。

お客さんとは何か、お客さんが求める「面白いもの」とはどのよう
なものなのか、ベストセラーを生み出し、映画界に長く関られてき
た山谷さんならではのお話を聞くことができました。


--------------------
第3回:山谷哲夫さん
(ドキュメンタリー映画監督、ノンフィクション作家)


★映画館に育てられた
Q:山谷さんと映画との出会いを教えてください。
山谷:母がずっと映画館のモギリやっててね。富山の「高岡劇場」
っていう小屋。その頃は映画全盛だったから儲かっていて、モギリ
とはいえ社員だった。父はぼくが物心ついたときにはもういなくて、
母の話では、父は元台湾総督府の警察官で、戦後、復員して失意の
中で死んだらしい。だから母が一人で、映画館で働いて、ぼくを育
ててくれた。80年代に「E.T」がヒットしてたのが、最後の記憶かな。

Q:映画館で育ったようなものなんですね。では、初めて映画作り
に関ったのはいつですか?
山谷:大学2年のとき、アルバイトで今村昌平の「神々の深き欲望」
に参加した。なんでもやる雑用係だったね。すごい現場だった。で
も大勢で作る映画は自分に向いてないと思って、ドキュメンタリー
をやることにした。

Q:ご自信の作品で、どの作品が一番思い入れがありますか?
山谷:4本目に作った「沖縄のハルモニ―証言・従軍慰安婦」('79)。
これが一番当った。あの頃はフィルムの一コマに自分の将来がある
と思って撮っていた。ハングリーだったね。あれを超える映画は作
れないと思う。

Q:テーマが「従軍慰安婦」というのも刺激的です。この作品はど
うしてヒットしたんでしょうか?
山谷:元慰安婦の前で、自分が美空ひばりの歌を歌うシーンがある。
「りんご~の~」って。歌詞も間違ってるし、すごい音痴。恥ずか
しいのでそのシーンをカットしようとしたら、編集者がこれは面白
いから入れたほうがいいと言うので残した。客はそのシーンで笑っ
ていた。自分を全部さらけ出してアホになったからよかったんだと
思う。アホにならないと客は喜んでくれない。

yamatani.jpg
撮影:坂本慎平

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

リオ@元副支配人

Author:リオ@元副支配人
こんにちは!
元副支配人です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
インタビュー (20)
はじめに (1)

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。